Quelle bonne surprise!!

いきなり寒くなってしまったこの頃・・。体調を崩す方が増えていますね。

仕事帰り、雨の中自転車で帰宅した日の翌朝、声が出なくなり

あわてて病院に駆け込みお薬をもらいました。

もうだいぶ良くなりましたが、下北沢レ・リヤン時代、

体調を壊して泣く泣くお店を休まなくてはいけなかった時は、

本当に悔しかったので、健康には気をつけていこうと思いました。

そんな中、よしもとばななさんの小説【もしもし下北沢】が9月25日に発売となりました。

お父さんが知らない女と心中してしまった。残された私は、自分の人生をやり直すため、下北沢に部屋を借り、近所の小さなビストロで働き始めた。
ところが、ようやく日常生活を取り戻しつつあった頃、突然お母さんが私の部屋に転がり込んできて、奇妙な共同生活が始まる。
決して埋めることのできない喪失感、孤独を抱える母娘を下北沢の街がやさしく包み込む――。
どこにでもある、でも、たったひとつの人と街の愛しい物語。

下北沢の実在するお店が色々と小説に登場するのですが、
嬉しい事に主人公の女の子が働くビストロでレ・リヤンを使って頂きました。

ばななさんはオープン当初からレ・リヤンを暖かく応援してくださり、
建て壊しが決まった時は本当に悲しんでくださいました。

建物がなくなっても、素敵な本の中に、皆さんの記憶の中にレ・リヤンが残っているという事を
とても光栄に思います。

有難うございます。

是非、お時間ありましたら【もしもし下北沢】を読んでいただけると幸いです。

Quelle bonne surprise!!」への2件のフィードバック

  1. hiyoko

    こんにちは!
    わー、素敵なお話ですね。
    レ・リヤンファンだったばななさんは、きっと、小説の中にどうしても残しておきたかったんでしょうね。
    我が家にとってもレ・リヤンは一生思い出に残る大切なお店です。
    早速、買って読んでみます!!

  2. michiko 投稿作成者

    hyokoさん

    是非是非ご覧ください!!

    本の内容も胸にグッと刺さる、なんともいえないような女の子ならではの色々な感情が心地よくもあり、考えさせられたりもして。

    レ・リヤンの描写は本当にレ・リヤンであり、いろいろなエピソードも、インタビューの時にお話しした事を忠実に素晴らしい言葉で表現してくださり、涙なくては読めませんでした。

    幡ヶ谷に移っても、頑張っていこうと思える私にとっては元気の源の人生で大切にしたい一冊となりました。

    また、お時間ある時遊びにいらしてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。