月別アーカイブ: 2009年7月

Petite Voyage!!

2009/07/29

H?tel-Dieu Hospice de beaune.jpg
ボーヌのオスピス(ホスピス, 施療院)-
1443年にブルゴーニュ公国の宰相ニコラ・ロランが創設したもので、貧しい人たちに無料で医療を施した所。
入院の条件は、貧者であることただひとつ。
王侯貴族から寄進されたブドウ園とそこから生産されるワインで、費用は埋め合わされていたとの事。
この建物は、屋根瓦が、黄色や赤、茶色とカラフルで、しかもブルゴーニュ風の文様を描くようにデザインされていてとても美しい。
去年10月に訪問した際は屋根の修復中で今回リベンジ!!
こうした施療院は、当時、オテル・デュー(神の宿、Hôtel-Dieu)とも呼ばれました。
pharmacie.jpg
現在では、その当時の薬品、医療器具を展示した医学博物館になっており、またワインオークションの会場としてよく知られています。11月に毎年開催されます。
現存するオテル・デューの中でも最も有名な施設のひとつで、この施療院ブランドのワインもあります。
http://www2.odn.ne.jp/~cdj80950/wine/wp1.hospices.jpg
ボーヌはブルゴーニュワイン流通の中心都市であるとともに、コミューン内の畑で生産されるワインは、ボーヌ単独で村名AOCを名乗っています。
赤ワインは、ピノ・ノワール単独で作られるものが多い。上質なものは、Beaune.1er cru(ボーヌ・プルミエ・クリュ)を名乗ることができます。
目の前のショップで2001年のBeaune.1er cruを購入。50ユーロくらいかな。夜、ホテルで楽しむためにソムリエナイフも持ってきたのです。グラスは…ホテルでお借りしました(笑)
いい時間になったのでDijon(ディジョン)に移動。電車で20分位です。
白ワインは、シャルドネ種とピノ・ブラン種で作られ,
「特級」の畑はもちろん、1級のものでもかなり上質のものがあります。

続きを読む

Mariage

2009/07/26

Franceでは土曜日に結婚式が行われます。
朝から始まり夜遅くまでお祝いするそうです。
土曜日の営業後、ウエディングケーキをパーティー会場に届ける仕事をお手伝いしました。
何日も前から仕込んでいたPièce montéeを朝から組み立てていたパティシエの素晴らしいケーキ。
飴細工も本格的。pi鐵e mont馥.jpg
車で15分くらいの所に運ぶのですがかなり危険な作業。
後ろの荷台に乗り込み、ケーキを支えながらの出発。
皆で「Ça va??」と声掛け合いながら無事に到着。怖かった~~。
camion.jpgこんな感じ・・。
到着してから組み立て、飾り付け作業。協力して頑張ります。
pr駱aration.jpg
そう。この時点で夜11時30分。
外で組み立てて、中に運びます。提供時間予定は夜中12時。
朝からお祝いのパーティーが続いています。元気だな~~。
pr駱aration2.jpg
アットホームな会場。みんな陽気に騒いでいました。
ケーキに最後花火をつけてシャンパン開けて、100人分切り分けて帰ってきたのが夜中3時。
面白い経験をしました。
幸せな空間に立ち会えたことを嬉しく思います。
mariage.jpgvoiture mariage.jpg

Quelle chaleur!!

2009/07/21

32度越えの暑い日が続きます・・。
湿気がない分過ごしやすいですが、日差しが痛いくらい暑いです。
真っ白な私もなんとなく焼けてきました。日焼け止め塗ってるのですが効果なし?
こんな暑い日は仕事に行く前に友人と連れ立ってグラスを食べます。
いつもは道端の1ユーロ位のアイスか、駅のジューススタンドのスムージーなのですが、今回は旧市街まできて有名なショップに行ってきました。
旧市街へ国鉄サンポール駅側から入って、ちょっと横道にそれてソーヌ河方面へ抜けると、人気のアイスクリーム屋さんNardone Renéがあります。
込んでいるとものすごく待たされるけど、美味しいから我慢。
沢山の種類があるので迷いに迷って・・結局選んだのは赤いフルーツのクラス盛り合わせ(フランボワーズ・スリーズ・いちじく・いちご)
Grace.jpg
冒険できない日本人。
川沿いのお店なので心地よい風を感じながら美味しく頂きました。
Nardone René (アイスクリーム屋)
3 pl Ennemond Fousseret 69005 Lyon
04 78 28 29 09
日曜も営業してます。

Le 14 Juillet

2009/07/18

7月14日には、フランス各地で一日中花火が打ちあげられます。
また慣例として消防士はダンス・チーム (bals du 14 juillet) を組んで市民に披露し、午前中にはパリで軍事パレードが開催され、フランス大統領の出席のもとシャンゼリゼ通りを行進します。
朝からテレビ中継に首ったけ。仕込みの最中、chefと抜け出してはテレビを観ていました(笑)
パリ祭は、フランスで7月14日に設けられている国民の休日(Fête Nationale)。
1789年同日に発生しフランス革命の発端となったバスチーユ監獄襲撃および、この事件の一周年を記念して翌年1790年におこなわれた建国記念日(Fête de la Fédération)が起源となっているそうです。
なお、フランスでは単に「Quatorze Juillet(7月14日)」と呼ばれ、「パリ祭」は日本だけの呼び名です。
この日は昼のみの営業でしたので、夕御飯を食べながら目の前のローヌ川で上がる花火を楽しみに待っていました。が・・・大雨が降ってきてしまったのです。
chefが「中止かもしれないけど、もし上がったら部屋に連絡してあげるね。始まるのは多分11時頃だよ。」と。
そうです。雨でもまだまだ明るいんです。
ようやく日が暮れたと思ったらもう10時過ぎてて急いで寝る支度をする慣れない日本人・・。
不安を抱えつつも学校の宿題などしながら待っていたら、始まりました!!雨の中。
隅田川の花火を見て育った私は、大の花火好き。
一人で熱海の冬の花火を見に行くこともありました。(悲しい・・)
凄いんですよ、熱海は!!
なんて今はフランス・フランス。
小さいながらも美しい花火が上がりました。大感動!!
皆は傘をさしながら見物していましたが、chefとmadameと私はホテルからのんびりと観ることが出来ました。
日本だったらこんな良いロケーションならレストランを遅くまで開けて営業するのでしょうが、フランス人はお休みはお休み、という考えなのでしょう。お陰でゆっくりと楽しむことが出来ました。
部屋に戻ってからテレビをつけると、Parisの花火が映っていました。
スケールが違います(笑)
belle vue 046.jpg
次の日学校に行ったらやはり雨の影響でLyonでは花火はなかったと事。
得した気分になりました。

Omelette norvégienne

2009/07/12

昼の営業中、chefが『夜の団体の誕生日パーティーでOmelette norvégienne(オムレット ノルヴェジアン)をだすんだよ!知ってる?」と。
オムレツ?ノルウェー?なんのこっちゃ分かりません・・。
Chefの説明を聞くうちに段々と遠い記憶がよみがえってきました。
その名の通り、ノルウェー風オムレツで、アイスクリームをメレンゲで包んで焼いたものです。
凄いクラッシックなレストランデセールで、最後にお客さんの前でグランマルニエをかけてフランべします。
belle vue 042.jpg
このデザートは私にとってすごく思い出深い一品なのです。
小さな頃、おじいさんのお誕生日パーティで浅草のアサヒビールのビル最上階のレストラン【ALASKA】で最後に出てきたサプライズデザート。
ちび太の私は、青い炎で包まれた真っ白いケーキに大感動。
分けられて運ばれたケーキの中が美味しいアイスクリームでこれまた大感動。今でも記憶に鮮明に残っています。
belle vue 039.jpg
この職業を選んだきっかけにもなりました。「フランス料理って素晴らしい!!」と、ちび太の私は料理の道に進むことに決めたのです。
ケーキ一つで・・なんて単純で笑われてしまいますね。
でも、本当なのです。その日からお菓子づくりの日々が続きました。パティシエとキュイジィニエを真剣に迷った時もありました。
あの日以来たぶん15~18年位お目にかかってなかったデザート。
まさかここにきて再会するとは思いませんでした。
ここで再会したのもなんとなく「原点にもう一度戻って考えなさい」ってことなのかしら?
料理を作ることが大好きで、皆の美味しそうに食べてくれる顔が本当に嬉しくて。お店を始めてお客様とも交流ができ、現実的には毎日仕事は忙しくて、大変で・・。悔しいかな、倒れた日もありました。
でもやっぱり大好きな料理をたくさんの人に食べて喜んでもらいたい。
この忙しい時代女性も男性も関係なく夜遅くまで働いているお客様に気軽にお店に寄ってもらって、一杯のワインだけでも、簡単なスープだけでもお腹に入れて、ホッとしてから家に帰る安らぎの空間でありたい。
下北時代から変わらないこの気持ちを自分の中で再確認した大切な出来事でした。
belle vue 038.jpg
綺麗に盛り付けられたomelette.
もちろんお裾分けしていただきました。
ズボンが何となくきつくなってきたこの頃・・。
試食も大切なお仕事なので気にしません(笑)

La Fromagerie

2009/07/06

去年の10月にフランス旅行の案内をしてくださった、私の大好きなワイン業者さん蓮見さんが、大阪の偉大な料理人数名を引き連れてお店に来店してくださいました。
フランスに来る前にお別れパーティーとして美味しい銀座のお寿司やさん、代々木上原の素敵なフレンチレストラン、中目黒のカッコ良いマダムが温かく接客してくださるレストランなど・・、いろんな所に連れて行ってくださったり、こんな私にも真剣に相談に乗ってくださる本当に気持ちの良い方なんです。
彼女に出会ったのも本当にご縁があってのこと。
もし出会ってなかったら今頃何しているんだろう、私・・。
FINAL PARTYで皆さんにお出ししたワインの造り手さんのお兄さんのレストランで今私は過ごしています。
ランチを皆さん召し上がった後、私も便乗してチーズ農家とジャム農家見学に連れて行ってもらいました。
belle vue 034.jpg

続きを読む